toggle

ブルーライトカット子ども用眼鏡

パソコンやタブレット、電子機器を触る機会が増えた昨今。VDT(Visual Display Terminals)作業が格段に増え、機械から発せられるブルーライト(300-500nm)が人体特に目に与える影響はますます増えている。

このことから厚生労働省の作業ガイドラインにも1時間のVDT作業を行った際は10分から15分の休憩を設けることを推奨している。


コロナウイルスでリモートワークに注目が浴び、慣れない方も多いだろう。最初の数日、目の疲れや痛みが多くなかっただろうか。
子どもたちの遠隔授業が計画されている中、子どもたちの安全を守るためにいま、親たちは何を対策する。


私たちはそこから守るブルーライトカットレンズの販売を製作・企画中
子どもの視力、大人の私たちが守りませんか?


皆様のご意見やご要望をお待ちしております。