眼鏡ユーザー必見!鯖江発メガネホルダーになるピンバッチ!胸元が安心の置き場に

       

  1. 福井県・鯖江の眼鏡職人が作る、メガネを胸元にかけることのできるメガネピン
  2. かがんでもメガネが落ちにくい構造になっており、PC用メガネなど職場や自宅で大活躍間違いなし
  3. メガネと同じ素材を使うことで、大切なメガネをやさしくかけておくことができる

    

    

メガネの聖地 さばえ

世界三大産地のひとつ、福井県鯖江のFACTORYが、
セルフレームの素材アセテートを使って
メガネホルダーになるピンバッジを作りました。

「新幹線や飛行機などの移動時に、メガネを外しても置き場が無く、襟元やポケットに入れ、慌てた時にメガネを落としてしまい傷をつけてしまうんです。何かいい方法ないですか?」と、それを解決できないかと思ったのがこのメガネピンが生まれるきっかけです。

かがんでもメガネが落ちにくい構造になっています。

PC用サングラスやリーディンググラスなど、職場や家庭などのシーンに関係なく使用できます。

    

    

商品開発に至った経緯

3年程前、百貨店の催事場でサングラスやアクセサリーの販売時、お客様から「男性でもつけられるメガネホルダーは無いでしょうか?首から下げる物は嫌なんですよね。」と、お聞きすると新幹線での移動中、メガネを外しても置き場が無く困ってしまい、頭にのせたり、首もとにかけたり、でも慌ててしまうとどこに置いたかをつい忘れ、荷物を取るときにかがむと落としてしまい傷をつけてしまうんですと。

それを解決し、メガネをかけていないときでも普段使いできるメガネホルダーを作ってみようと思ったのがmeganepinがうまれるきっかにになりました。

メガネと同じ素材を使うことで、メガネにやさしく。
ピンはステンレス材を使い、眼鏡部品を旋盤加工する地元の企業に作ってもらっています。

お客様から、移動中や仕事場・プライベートなどシーンを選ばず使え、
「メガネの中にメガネをかける」は評判が良いですとのお声を頂いております。

    

     

   

仕様

・サイズ
 幅45mm×高さ17mm 厚み本体4mm(タック込み16mm)
・重さ
 3g(タック込み)
・材質
 本体:セルロースアセテート(イタリア・mazzucchelli社製)
 ピン:ステンレス
 タック:合金(メッキ)
・耐熱温度
 60度
・生産国
 made in Japan (福井県鯖江)
・注意点
 火の側や熱を発する場所でのご使用・保管はお止め下さい。
 本来用途以外に使用しないで下さい。
 小さいお子様が口に入れないようご注意ください。

    

ご使用できるメガネのサイズ

メガネのツル幅 12mm以下がご使用になれます。

    

FAQ

Q:落としてもわれませんか?
A:使用しているセルロースアセテートは、綿を主原料とした素材なので柔らかく柔軟性がありますので割れませんが、傷はつきます。眼鏡の素材と同じです。

Q:ピンの長さはどれくらいありますか?
A:9mmあります。ピンには凹み部があり、そこでタックが止まり抜けにくくなっています。洋服等の厚みは3.5mmまで使用できます。

    

タックの取り外しについて

タックの取り外しが困難との問い合わせがあり、ご連絡させていただきます。
金具タックですが、普通に引っ張っても抜けない構造になっており、
落下防止の為に硬めになっております。

外し方としては、添付写真、上部の球体のパーツ①と、本体側のパーツ②が組み合わせた構造で、その二つの間にバネが入っており、そのパーツを離すようにバネを引っ張り上げてから、本体を引き抜く形になります。

全数検品を行って出荷はしておりますが、
それでも外れない場合は、ご一報お願いします。