toggle

事業情報

私たちはアセテートを1mm以下の微細部分まで削り出し、

熱をかけカーブをつけ、磨き上げる                    

アセテートを知り尽くした職人集団です。     

 

アセテートとは

眼鏡によく使われているアセテートとは
セルロイドの代替え品として出てきた植物性の樹脂
主原料はコットン(綿)でできている、珍しいプラスチックです。
肌触りがとても良く、昔から眼鏡に使われてきました。
とくに肌に触れる部分はアセテートを使っています。

 

通常のプラスチック製品は、金型を作り、ツブツブ状(ペレット)に
なっている材料を溶かし、金型に流し込み成形するものが
主流になっていますが、
アセテートセルロースは違うのです。
なんと、すべて削りだしによる加工になります。
アセテート材は、すでに模様・色が付いており
削っても削っても、その模様・色が続く金太郎飴のような材料です。


欠点は、材料代が高く、削りだしなので捨てる材料が多く
コストが上がってしまう。大量生産向きではない材料であること。
利点は削りだしなので、ある程度の形状ならば成形する金型がいらず、
少ロットからの対応ができることです。

 

  • イメージをアセテートで表現します。

     O R D E R

          文具パーツ、ノベルティー、サングラス、小物等をアセテートで作成いたします。

 

  • 社内製造工程

            P R O D U C T I O N

          社内工程の説明

 

  • 職人紹介

      セルフレームの匠

         職人写真

 

  • 展示会情報

 

    I O F T

         東京で行われる眼鏡の展示会

 

<p>
    <a href="https://plusjack.com/?p=1088"><img alt="imgres" class="alignleft size-full wp-image-1092" height="183" src="https://plusjack.com/wp-content/uploads/2013/03/imgres.jpg" width="275" /></a>
</p>
綿花から出来ている植物性の樹脂
ほぼメガネに使用されている特殊なプラスチック